治療薬を使って勃起不全を治す

治療薬を使って勃起不全を治す

勃起不全の原因は人によって様々ですが、治療薬を使って治すという選択肢もあります。勃起不全の治療薬にはいくつか種類がありますが、共通している働きとして、勃起の邪魔をする酵素の働きを阻害し陰茎への血流を良くすることがあります。

つまり治療薬を服用することで勃起しやすい環境を身体の中に整えることが出来るのです。

しかし治療薬に関して1つだけ間違っている認識があります。それは服用すれば絶対に勃起し、勃起不全を治すことが出来る、ということです。残念ながら服用しても絶対的に勃起する、という訳ではなく、性的興奮を受けて勃起する、という本来の流れは一緒なのです。

そのためパートナーと一緒にデートや雰囲気を楽しんだりすることも、勃起不全を治すためにはとても重要なポイントになります。

治療薬はジェネリック医薬品を除けば、3種類が存在します。勃起不全の症状に合わせて種類を選ぶことも大切なので、まずは泌尿器科などを受診してみると良いかもしれません。

勃起とEDの仕組み

EDは勃起しないだけが症状ではありません。例えば一応立ちははするのだけど途中でしおれてしまったり、硬くならないといった症状もあります。

力強く勃起をするための仕組みは、ペニスに血液が集中する必要があります。しかし何らかの原因によって血液が集まらなくなってしまうと勃起不全の状態に陥ってしまうわけです。

勃起がうまくできなり理由としては、精神的にショックを受けるなどの精神性のものもありますが、生活習慣病などによって血液の流れが悪くなり、結果としてEDの症状を発症してしまうことも考えられます。

男性は例えば裸の女性を接するなどして性的興奮をすると、脳が興奮状態だという信号をペニスに向かっておくります。すると血液が集まってきて、勃起をするわけです。

けれども何らかの原因があって、血液が集まるのが阻害されてしまうとEDの状態になってしまいます。原因をしっかりと把握して改善していくことが、EDの症状の治療方法になります。