勃起不全の原因と、改善のために出来ること

勃起不全とは?

勃起不全とは、勃起ができない状態だけでなく、勃起自体に時間がかかってしまうケースや性交などがうまくいかないほど勃起してもその維持ができないなどの状態のことも含みます。

原因は、老化によるものだけでなく、生活習慣の乱れやストレスといったものも挙げられます。そのため、対策としては健康面を重視した生活習慣の改善をしていくことや精神面の安定のためにストレスの解消をすることが重要です。

基本的には、生活リズムを整える、運動を定期的に行うなど比較的簡単に始められるものから改善していきましょう。食生活に関してもバランスよく栄養がとれるような食事を心がけること、ストレス解消に関しても趣味を楽しむ、旅行をする、ゆっくりと室内で休むなど自分なりのストレス解消法をみつけましょう。

個人として対策できることもありますが、症状の改善がみられない場合には、医療機関で治療を受けることも大切です。専門の医師に診察してもらい適切な治療や生活へのアドバイスをもらうことで、症状の改善につながります。

勃起のメカニズム

勃起とは、主に男性の陰茎が硬くなってたつ生理現象をいいます。勃起は心理や神経、血管系、内分泌系など様々な要因の相互作用によって引き起こされます。

男性の陰茎は通常時では柔軟で股間にぶら下がっていますが、性的興奮などをきっかけに陰茎内部の海綿体に血液がたまり、血液を排出する静脈が調節され、内部の圧力が上昇することによって硬くなり、たった状態を保てるようになります。これが勃起のメカニズムです。

主に思春期に入って二次性徴が始まり、性に関する知識や興味が増えると頻繁に起こるようになります。ただし乗り物による振動や摩擦が原因で起こったり、原因がなくても突発的に起こる場合もあります。

性交渉などの際に陰茎がたたなくなってしまう状態を勃起不全といい、性交渉が行えない原因となります。正常な勃起が起こらない原因として、加齢や肉体的な疲労はもちろん、心理的なストレスやプレッシャーを感じていることも大きく関係しています。

 

>>中折れにおすすめサプリの選び方は

 

勃起不全の原因

勃起不全になる原因は1つではなく、身体的なものと心的なものに分けられます。

加齢による発症は前者の代表的なものであり、多くの男性がいつかは経験することになります。年を取るにつれて神経や血管の機能が衰えていくのは避けられません。

喫煙や飲酒といった生活習慣にもよりますが、そのような組織の劣化が勃起不全を引き起こすことがよくあります。

その他にも、事故や手術の影響によって勃起しなくなる男性もいるなど、身体的な原因は多岐にわたるのが実情です。

また、心的な原因としてはストレスの影響が挙げられます。仕事などのストレスが蓄積することで発症することもありますし、単発のショックが引き金になるケースも見受けられます。たとえば、パートナーから自信をなくすような言葉をかけられただけでも、ショックで勃起不全に陥ることは珍しくありません。

パートナーが出産するときに立ち会って、その光景によるショックが原因になるケースも多いです。