勃起不全の原因と、改善のために出来ること

勃起不全とは?

勃起不全とは、勃起ができない状態だけでなく、勃起自体に時間がかかってしまうケースや性交などがうまくいかない、勃起してもその維持ができない(中折れ)などの状態のことも含みます。

なんとなく年と共に衰えていくものと思い込んでしまいがちですが、勃起不全の原因は老化だけではありません。

生活習慣の乱れやストレスと日常の生活そのものが勃起不全の原因に繋がります。

若い。という道を通ってきた私たちは今までの日常が当たり前のものとして捉えがちです。

しかし、間違いなく体は年齢を重ねますし、今までの食生活や生活習慣で問題が無いと思っていたことでも衰えを感じる場面はシバシバ現れます。

勃起のメカニズムと勃起不全と向き合うためにはどうすればよいのでしょうか。

勃起のメカニズム

勃起とは、主に男性の陰茎が硬くなってたつ生理現象をいいます。勃起は心理や神経、血管系、内分泌系など様々な要因の相互作用によって引き起こされます。

男性の陰茎は通常時では柔軟で股間にぶら下がっていますが、性的興奮などをきっかけに陰茎内部の海綿体に血液がたまり、血液を排出する静脈が調節され、内部の圧力が上昇することによって硬くなり、たった状態を保てるようになります。

簡単に言えば血管に通常より多くの量が流れ込むことが勃起している状態です。

これが勃起のメカニズムです。

主に思春期に入って二次性徴が始まり、性に関する知識や興味が増えると頻繁に起こるようになります。ただし乗り物による振動や摩擦が原因で起こったり、原因がなくても突発的に起こる場合もあります。

性交渉などの際に陰茎がたたなくなってしまう状態を勃起不全といい、性交渉が行えない原因となります。正常な勃起が起こらない原因として、加齢や肉体的な疲労はもちろん、心理的なストレスやプレッシャーを感じていることも大きく関係しています。

 

男の中折れをズバッと解決!おすすめの精力サプリはこれだ
男性にとって死活問題なのは今更言うまでもないでしょう。 セックス中に中折れする。 人間30歳も過ぎれば体の衰え…

 

勃起不全の原因

血管に多くの血液が流れ込み勃起する。今までは当然と思っていた生理現象が起きなくなる、それが勃起不全です。

勃起不全の原因は、と一言でまとめようとしても食生活、日ごろのストレス、運動不足、喫煙。

その原因は様々です。

生活習慣を見直して勃起不全対策

食生活の見直し

日常生活を送る上で栄養を意識しながら食事をとる。それを実行するのは簡単なことではありません。

当然と言えば当然です、小学生の給食は栄養士さんが監修していますしスポーツ選手だって栄養をかんりしているからこその肉体を維持できるわけです。

食生活に関して肉、野菜、バランスよく栄養がとれるような食事を心がけること(ビタミンやミネラルなど)を積極的に取れる食事を心がける。

外食が長く続いたり、好きな弁当ばかり食べている、嫁さんの手作り料理に一品添えてもらう。方法は様々です、意識して栄養を摂取する様にするだけでも意外と違うものです。

しかし、それが出来れば誰も苦労しないわけです。

何故だか栄養をサプリメントから摂取するのを馬鹿にする人がいますが、栄養を摂取するためにはこれほど効率的な方法はないといっても過言ではないでしょう。

ストレスを溜めないように

日々の生活を少し落ち着いて振り返ってみるのも重要です。それはストレス解消に繋がります。趣味を楽しむ、旅行をする、ゆっくりと室内で休むなど自分なりのストレス解消法をみつけましょう。

気分が勃起不全につながる

勃起不全になる原因は、身体的なものと心的なものに分けられます。

加齢による発症は前者の代表的なものであり、多くの男性がいつかは経験することになります。年を取るにつれて神経や血管の機能が衰えていくのは避けられません。

その他にも、事故や手術の影響によって勃起しなくなる男性もいるなど、身体的な原因は多岐にわたるのが実情です。

また、心的な原因としてはストレスの影響が挙げられます。仕事などのストレスが蓄積することで発症することもありますし、単発のショックが引き金になるケースも見受けられます。

たとえば、パートナーから自信をなくすような言葉をかけられただけでも、ショックで勃起不全に陥ることは珍しくありません。

パートナーが出産するときに立ち会って、その光景によるショックが原因になるケースも多いです

適度な運動で健全な肉体を維持

適度な運動を心がけるのも重要です。

体力的な衰えはやる気にもつながります。仕事から帰った後でやる気が起きないというのは体力不足の面も否定できません。年齢を重ねるとセックスの最中に疲れてくることも良くある話です。

そもそもペニスは筋肉の塊です。お辞儀しているようなペニスの状態を回復するにはスクワットや腹筋で筋肉を取り戻してあげると効果的。

また、ウォーキングにジョギング、基礎的な体力の問題も通勤時の一工夫でできるものばかりです。運動をするというのは肉体を健康にするだけでなく、ストレス発散にもつながります。

禁煙をして勃起不全を回復する

タバコが勃起不全に繋がるというのは噂話で良くある話です。実際、勃起のメカニズムの上で血液の流れは大切なものなので禁煙が勃起改善につながる例もあります。

煙草に含まれるニコチンは血管を固くして、血液の流れを滞らせてしまう働きがあります。つまり煙草を吸うことで血管の老朽化が進行し、血行不良を引き起こすのです。

勃起不全での血行不良が、血管を詰まらせている一つの目安になる。とも言われたりします。

そこで禁煙をしニコチンを摂取しなくなることで血管が固くなることを防ぎ、その結果として血行を改善し、最終的に勃起不全の回復を期待することが出来るのです。

もちろん血行を改善するためには適度な運動も必要ですし、バランスの取れた食事も重要になります。しかしいくら気を使った生活を送っていても、ニコチンという血行不良の原因となる成分を摂取していては、原因の改善となることは難しいと言えるでしょう。

喫煙者で勃起不全で悩んでいるのであれば、禁煙を始めることで、勃起の回復という第一歩を踏み出すことも大切です。

妊活中!勃起しないのははプレッシャー?簡単に出来る勃起不全対策

妊活に励みながらも、夫がたたないので困っているという奥さんが多いです。

妊活が大変であることを夫も知っており、そのプレッシャーでたたないというケースが目に付きます。プレッシャーだった場合にはそれを感じさせないようにすることが求められます。

女性の場合、妊娠のチャンスは月に1回であり、行為に及ぶことを夫に要求します。

しかし、夫はその機械的な行動に嫌気が差して性欲が減退することが見られるので、機械的な形になるのは避けたいところです。

そこで定期的に性行為を行うような状況にし、妊活とは関係ない形で行為に及ぶことをおすすめします。

そうすることでそろそろ排卵日だからそこで何とかしなくちゃいけないと心理的な負担を夫も奥さんもかからずに済みます。

そうした行為はお互いを愛し合っているからこそ楽しめるものであり、その延長線上にあるものです。あとは食生活や喫煙飲酒をなくすなどのことをして、対策を立てていくことで何とかなります。

最終的には病院に行ってみる方法も

個人として対策できることもありますが、症状の改善がみられない場合には、医療機関で治療を受けることも大切です。

専門の医師に診察してもらい適切な治療や生活へのアドバイスをもらうことで、症状の改善につながります。